四季折々の旬の野菜
四季折々の旬の野菜を味わうポイントを紹介します。

旬の野菜と季節

四季がある日本では、春夏秋冬のそれぞれの季節で美味しくいただける野菜があります。それぞれの季節に合った野菜は栄養価が高く、味わい深いです。さらに、収穫量も高いために手ごろな価格で手に入るのも魅力です。どの野菜が旬の野菜なのかは、スーパーの野菜売り場では判別しにくいかもしれません。その代わりに、生産者や地場の農場からの直送コーナーなどをチェックしてみると良いでしょう。農場で沢山収穫できた野菜が手ごろな価格で並んでいますので、旬の野菜を把握することができます。

春夏秋冬で旬の野菜には、それぞれ特徴があります。夏は、気温が上がり野菜などの植物が大きく成長する時期です。花が咲き、実がなる時期でもありますので、トマトやキュウリ、ゴーヤなどの果菜が旬を迎えます。赤や緑などの色鮮やかな果菜が食卓を彩ります。秋には、食欲の秋といわれるように、多彩な野菜が収穫されます。山で育つキノコや里芋やサツマイモなどのイモ類、ゴボウやニンジンなどの根菜類など。秋の恵みを材料にした芋煮や豚汁などが美味しくいただけます。

冬には、温まる鍋料理が盛んです。白菜や春菊、ネギなどの旬の野菜を用います。白菜は丸ごと購入する場合には、ずっしりと重いものがおすすめです。実が詰まって、しっかりとした味わいを楽しめます。カットされて売っている場合には、切り口が平らのものが新鮮です。盛り上がってきてしまっている場合には、カットしてから時間が経過しているため避けた方が無難でしょう。このように、日本の食文化に適した春夏秋冬における旬の野菜を意識した食生活を送ってみてはいかがでしょうか。