四季折々の旬の野菜
四季折々の旬の野菜を味わうポイントを紹介します。

春野菜の味わい

まずは、春野菜について見ていきましょう。春に旬を迎える野菜には、どこか温かみがあるものが多いです。寒い季節からの移り変わりを感じますね。フキノトウやタラの芽などの山菜や、菜の花のように、可愛らしい可憐な花をつけた野菜などは、小さいながらも力強さを感じます。これらの野菜の食味的な特徴としては、少し苦みを感じる野菜が多いことでしょう。これは、植物性アルカロイドという物質によるもので、老廃物を体の外に流し出してくれる効果があるといわれています。今でも山村部の地域等で、春になったら山菜を意識的に食すという伝統があります。これは、山菜などを食べて、身体に溜まった老廃物を出してもらおうという、昔からの習慣によるものです。

このように、日本では昔から、旬のものを食すことを大切にしてきました。スーパーマーケットなどで、簡単に野菜が手に入る時代ですが、野菜の旬を意識して、日常の食生活を気にしていきたいものですね。特に春の野菜は、繊細な香りと味わいを持つものが多いので、素材を活かした調理方法である、おひたしや天ぷらなどがおすすめです。春の香りを感じながら、素材選びや調理にもこだわってみてはいかがでしょうか。

▼ 管理人推奨サイト ▼

スーパーマーケットで手軽に買うことも出来ますが、産地直送で新鮮な旬の野菜が欲しいという方は、ネットの野菜宅配を使ってみると良いでしょう。季節ごとの旬の野菜を選んで送ってくれるので、色々な野菜を手軽に食べることができます ⇒ 旬の野菜 宅配