四季折々の旬の野菜
四季折々の旬の野菜を味わうポイントを紹介します。

力のある夏野菜

色とりどりの野菜が多いのが夏が旬の野菜です。果菜や豆類など、生でそのまま食べたり、簡単に湯がくだけで食べられたりと、比較的簡単な調理方法で美味しくいただくことができます。とくに、果菜のひとつであるトマトは、冷やしてからナイフでカットしてお皿に盛り付けただけで、冷やしトマトとして一品になります。他にも、夏の代表的なおつまみのひとつである枝豆は、塩ゆですることで美味しくいただけます。この枝豆は、秋までサヤの中で放っておけば、大豆となり、納豆や味噌、醤油などの原料となります。夏の野菜は、彩りが豊かですので、パワフルなイメージも持っています。

夏が旬の野菜は、水分やカリウムを豊富に含んでいますので、夏バテや熱中症の予防にも役立てられています。日常的に旬の野菜を食べることで、必然的に夏場の健康増進にも役立てられています。これらの夏野菜は、塩ゆでやサラダで食べるだけでなく、カレーのルーやパスタのソースの具材としても人気です。トマトやナスなどの夏野菜、夏バテしそうな暑い気候にも負けないパワーを養いたいものです。豊富に含んだカリウムなどが、健康維持に役立つことでしょう。このような夏野菜は、力強いので家庭菜園での栽培も比較的容易に行えます。家庭菜園に興味がある方は、夏野菜の栽培から始めてみることがおすすめです。