四季折々の旬の野菜
四季折々の旬の野菜を味わうポイントを紹介します。

秋の魅力

食欲の秋に旬を迎える野菜は、根菜やキノコ類が多いです。味わい深い野菜が多く、煮物など体が温まる温かい料理がよく合います。イモ類の中では、里芋やサツマイモが秋の旬です。里芋は、煮物や豚汁などに利用されることが多いです。デンプンやたんぱく質、カリウムを多く含みます。ぬめりが多いのも特徴です。泥付きの方が洗ってある物よりもおすすめです。泥を落とすために洗ってある里芋は、扱いやすいのですが、品質が低下したり、劣化が早まったりしてしまいます。

泥付きの野菜といえば、ゴボウも同様に、泥付きのゴボウの方が風味を楽しむことができます。ゴボウには、リグニンという食物繊維が豊富に含まれています。水に溶けやすいものと、水に溶けにくいもの、両方含まれていますので、食物繊維の効果を高く感じることができます。食物繊維が豊富なので、腸を整える働きも期待ができます。

他にも、さつまいもは料理に使うだけではなく、スイーツの材料としても重宝します。スイートポテトなどとしても人気があります。野菜として食べられている食材が、スイーツとしても使用される食材の代表格です。このように、秋が旬の野菜には、いろいろな種類の野菜があります。食欲の秋だからこそ、旬の野菜を美味しく食べたいものですね。